社宅という選択をする前に、社宅について考えてみましょう。

社宅という選択

社宅のある企業にお勤めの方なら、住まいを選ぶときに『社宅』という選択肢も出てきます。企業にもよりますがそのほとんどが家賃が安く、職場に近い所に建てられていて、新婚さんや子育て中のファミリーにぴったりの住まいと言えるでしょう。もちろん転勤族にもおすすめです。

しかしその一方で「建物が古い」「ご近所付き合いが大変そう」といったイメージもあり、敬遠されているという話も聞きます。確かに数は減ってきましたが築40年を超えるような古い社宅は今もあります。ブログやツイッターには社宅住まいの奥さんの「お付き合いが大変だ」というぼやきも見かけます。ですが、ここ10〜20年の間に社宅をめぐる事情は変わってきました。本当に社宅というものは家賃が安いだけのご近所付き合いが大変な住まいなのでしょうか?

最近急増中の『借り上げ社宅』や役員が暮らしているという『高級社宅』など、今どきの社宅について、また、社宅にはいつまで住めるのか、社宅を出るときのことなど、社宅にまつわるあれこれを紹介します。

社宅という選択

今どきの社宅事情

今どきの社宅事情を過去の話も交えつつ簡単に説明します。

社宅の住み心地は?

社宅の住み心地はいいですか?どのへんが大変ですか?

社宅には、いつまで住める?

社宅には「いつまで住める」という期限があるのでしょうか?

社宅を出た後、住まいはどうする?

社宅を出た後、どこにも住まないというわけにはいきませんね。

Copyright(C) 2011 - 社宅という選択 - All Rights Reserved.